白髪染めシャンプー

白髪染めシャンプーを徹底比較! きれいな髪でいるために。

白髪染めどうしてますか?

30歳代の半ばを過ぎたころからチラホラと目に付き始める悩ましい「白髪」。

40代ではたくさんの方がなんらかの改善策をしています。

でも、何よりもやってはいけないのが髪を傷付ける成分を使った白髪染め・ヘアカラー。

たとえ、小奇麗に染まっても、それは短期的なもの。

髪そのものがストレスを受けてしまうと、この次の染髪の時には、もうきれいに染まらなくなってくるのです。

いつまでもきれいな髪を維持したいなら、髪を傷付ける不安のないヘアカラーを使うことが肝要です。

おススメはズバリ言うと「白髪染めシャンプー」

髪にストレスを与えることなく、白髪染めをしたいなら、お勧めは間違いなく「白髪染めシャンプー」。

・シャンプーの代わり使ったり、

・トリートメントの代わりに用いるとか、

・トリートメント前の段階に使ったり・・・・・。



白髪染めシャンプーといっても何個か種類がありますが、こういったのはみんな、髪や地肌、手にもやさしく、素手で使えるものです。

・1回である程度色がつくもの。

・何回かの使用によって色が定着するもの。

白髪染めシャンプーと白髪染めトリートメント?

今、話題にされている「白髪染めシャンプー」の中には、「シャンプータイプ」と「トリートメントタイプ」の大きく2つがあります。

どちらも、一般人の白髪染めや、ヘアカラーのようにただ単に髪を染めるというだけではなく、髪のダメージをリペアする有効成分が惜しげもなく含まれており、使うほどに髪がきれいにつややかになっていくという長所があります。

上記の2つのタイプ・・・どちらがイチ押しかと言いますと・・・・

【シャンプータイプは】

お風呂で染髪をする際のシャンプーのその代り使うもの。

髪を洗うシャンプーそのものが白髪染めになっているものです。

染めている間ずっと待つ時間もなく、使うたびに色が着いていきます。

すごくシンプルで常日頃使えますが、1回では染まりにくいというマイナス点があります。

【トリートメントタイプは】

シャンプーの後のトリートメント代わりに使います。

リンスやコンディショナー、トリートメントのように使用します。

※シャンプーの前に使い、その後シャンプーで洗い流すものもあります。

一回の使用でもある程度染まりますが、ある程度そのままにする間が拘束されます。

白髪染めシャンプーとトリートメントのメリットとデメリット

シャンプータイプって?

これまでのシャンプーの代わりに、いつも使うことによって次第に色をつけていくシャンプータイプの白髪染め。 手間を掛けることなく簡易だと言うけれど・・・そのメリット・デメリットは?

トリートメントタイプって?

シャンプーの後、トリートメントやコンディショナーの代わりに使うタイプがこれ。今うわさの「白髪染めシャンプー」と言われているのはこの種類のこと。

白髪染めシャンプータイプの人気ベスト3

ランキング1位利尻白髪染めシャンプー

ランキング2位黒耀シャンプー&ヘアパック

ランキング3位オリエンタルビューティ

利尻白髪染めシャンプー

利尻から待望の白髪染めシャンプーがリリース。ライトブラウン、ダークブラウン、ブラックの3色。常日頃のシャンプーの代わりに使うだけでいつまでも髪色をキープ。

トリートメントと併用して使うのもオススメです。少しずつ色がつくので、染めたことをあまり気づかれたくない男の人にもイチ押しです。 どうしても手間なく簡単に!という方にはぜひ。

白髪染めトリートメントタイプの人気ベスト3

ランキング1位ルプルプ

ランキング2位利尻ヘアカラートリートメント

ランキング3位レフィーネ ヘッドスパ

「NO.1」ルプルプ

あっと驚くくらいのトリートメント威力。シャンプー前に付けるタイプで、一回の利用でも相当しっかり色が付きます。

初回限定割引セール実施中で1,980円でオーダー可能。トリートメントタイプの白髪染めが初めての方にもおすすめ

白髪がない時でも使いたくなるほどのトリートメント効果はまさにキング級。

髪に優しい白髪染めシャンプー・トリートメントを!

ほんのひと昔前までは、白髪染めと言ったらあのツーンとした不快臭いのする「ヘアカラー」がほとんどでした。 髪を傷めないものと言えば「ヘナ」くらい。 髪を染めれば髪は痛む・・・これが当たり前でした。 でも現在は違います。髪を染めながらより髪に栄養を与え、ダメージをリカバリーさせる・・・といったトリートメント効果の高いものが多数売り出しされています。 髪は、一度傷みがひどくなると、なかなか再生できません。どんなにヘアケアをしても完璧に初めの状態になることはありません。 そして傷みが酷くなると、次回は白髪染めやヘアカラーをしても色が入らなくなってきます。 そうなってからではもう手遅れ。 これから先も染髪は髪にダメージを加えない「髪に優しい白髪染めシャンプー・トリートメント」を使っていきましょう!

30代の半ばを過ぎたころから急に白髪が出始めました。 はじめは、「ウソでしょ?」って思いました。だって・・・まだまだ先だと思っていたから・・。仕方ないのでいざ染めようと思ったけど・・・どれで染めるといいのかなかなかわからない。そんな私の体験をもとに、髪を傷めない白髪染めシャンプーを紹介しました。



気になっていた白髪染めシャンプー買ってみました。

ものぐさな私は、トリートメントよりもシャンプーで白髪染めしたかったのです。

白髪染めシャンプー

白髪染めシャンプー