起立性調節障害に! 光目覚まし時計

起立性調節障害にも!! 光目覚し時計inti(インティ)【エナジーライトinti】

起立性調節障害に効果!?
光目覚ましは朝寝坊を防止します!!
学校に行けない、会社に行けないなどの生活に支障が出る程に起きられない起立性調節障害にも!!

光目覚し時計inti(インティ)【エナジーライトinti】がネットで売れてます!
光目覚まし時計は、特に夜勤の人にはお勧めです。
明るい昼間に寝て、暗くなった夜に目覚めて仕事に行くのはつらいものですし、暗い中で目を覚ますのは体にも負担をかけます。
人間の体はもともと明るくなると目覚めるように出来ています。
その逆は、当然体によくありません。
せめて、目覚めは明るい光で目覚めましょう。
そこで光目覚まし時計が人気です。
しかしながら、光目覚まし時計は特殊な目覚まし時計なので近くの時計屋さんではあまり売ってません。
ネットでなら購入することができます。
中でも、光目覚し時計inti(インティ)【エナジーライトinti】が人気なのには以下のような理由があります。

起床時に光を浴びるとセロトニンが分泌されスッキリ起きられます。
では、光なら自宅の天井からぶら下がっているライトや携帯の光などなんでもいいのでしょうか?

答えはNOです。
光は光でも、2,500ルクス以上の明るい光を浴びる必要があります。
一般家庭の照明は明るくても500〜1,000ルクス程度です。
自宅で2,500ルクス以上の明るさを用意するのは至難の業です。
やはり2,500ルクス以上の明るさには太陽が適しています。
しかし、太陽の光を浴びる事がいいとわかっていても
「日の出より早く起きるので太陽が出ていない」
「朝日が差し込まない。」
「カーテンが開けられない。」
「天気が悪いと太陽が出ない。」
「太陽の紫外線が気になる。」
と、太陽をコントロールするのは難しい事です。
また、夏場のギラギラした太陽等は10万ルクスという強い光を発しています。
強過ぎる光はセロトニン神経の働きを逆に弱めてしまいます。
そのような中、光目覚ましオキローはあなた専用の人工太陽としていつでも好きな時に最大13,000ルクス(実質使用時40cm離れて3,000ルクス)という強過ぎでも弱過ぎでもない明るい光を常時確保する事ができます。
専門家は2,500〜3,000ルクスの日光浴を5分〜30分する事を推奨しています。

詳細は公式ホームページで!
↓ ↓ ↓
81%の人が朝が楽になったと回答した光目覚ましinti(インティ)











このページの先頭へ戻る