イマークS

イマークS10本お試しセット

イマークSお試しセット

イマークSは、ヨーグルト味で飲みやすいです。

 

イマークS販売店


イマークSの副作用

ここでは、イマークSの副作用の可能性について考えてみます。

 

どんなものでもそうだと思いますが、
食品などの副作用というのは、原材料に関係があります。
その食品が何を元にできているのかはいずれにしても知っておいた方がいいですね。
届いた商品に同封されていたパンフレット等から調べてみると、イマークSの原材料は次のとおりでした。

 

精製魚油(EPA・DHA含有)、
乳化剤、酸味料、香料、
酸化防止剤(チャ抽出物、ゴマ油抽出物、ビタミンE、ビタミンC)、
甘味料(アセスルファムK、ステビア) (原材料の一部に大豆を含む)

 

この原材料の中で、副作用に関係がありそうのは、EPA・DHAです。
このEPA・DHAというのは、青魚の健康成分で、イマークSの主な原材料になっています。
しかし、このEPA・DHAは、副作用の可能性がある反面、体にとても良い成分です。
イマークSを継続して飲むことで、中性脂肪の低下を期待することが出来ると言われているのですが、実は、このEPA・DHAというのは、過剰に摂取し過ぎると、副作用を発生させてしまう可能性があります。
その副作用とは、血が止まりにくくなってしまうということです。
体にいいとされている青魚成分のEPA・DHAというのは、ご存知だと思いますが、血液をサラサラにしてくれる働きがあり、動脈硬化の予防にも良いと言われています。
ただ、過剰に摂取し過ぎると、血液が止まりにくくなってしまい、ちょっとした怪我でも治りが遅くなってしまったり、女性の場合だと月経時の出血量も多くなってしまいますね。

 

血液がサラサラし過ぎるのもよくないのかも?^^
ですので、イマークSを飲む場合は、『1日1本』を目安がよさそうです。
それさえ守っていれば、副作用が起きる心配はほとんど無いといっても良いでしょう。
実際に、イマークSの全身であるイマークが発売されてかなりの年数が経っており、イマークで25万人以上が愛飲しており、イマークSもすでに300万本の売れていますが、
今のところ、そのような副作用が発症してという情報はありませんので安心して下さい。
もう一つ、副作用で注意が必要なのは、原材料の一部に大豆が使われていますので、大豆アレルギーの方は摂取しないようにしましょう。
まずは、お試しセットで自分に合うかどうか確かめることをお勧めします。

イマークS関連ページ

レスベラトロール
若返り食品と口コミで話題のレスベラトロールもネットで売れてる商品です。
イマークSのレビュー
イマークSのレビュー記事です。
サントリー 胡麻麦茶
血圧を下げる方法 飲み物で人気のサントリーの胡麻麦茶の感想です。
ウモプラス
ケイ素で人気のウモプラスのレビューです!

このページの先頭へ戻る