パルスオキシーメーター

コロナウイルス感染者の軽症者で自宅待機してる人もいると思います。

 

容体が急変すると死に至ることもあります。

 

救急車を呼ぶ目安としてパルスオキシメーターを使うのも手です。

 

パルスオキシーメーターとは、
指先など体に光を透過させることで、動脈血の酸素飽和度(SpO2)を計測できる測定器のことです。

 

1974年に日本光電工業株式会社の青柳卓雄氏らによってその原理が発明され、その後、ミノルタカメラ(現コニカミノルタ)より「オキシメーター」として特許出願がなされたのがそもそもの始まり。

 

体に針を刺したり切ったりの負担をかけることなく、ラクに測定できる便利さから、現在では病院やクリニックはもちろんのこと、在宅医療や登山用などにも広く使われるようになりました。